読込中

鄭 相和/Chung Sang Hwa

鄭相和は、韓国を代表する現代アーティストである。1967年に渡仏し、1969年に来日。神戸に居を構える。朝日アートナウ展などに招待出品を重ね、関西の前衛美術に足跡を残す。

1970年代より一貫して、カンヴァスの上に塗り重ねた色層をナイフでマス目状に掻き削り、その表面をめくった後に同色の絵の具を足していくという手法のオール・オーヴァー絵画を追求し続けた。塗っては剥ぎ取るという、一連の単純な作業の繰り返しで、そのモノクロームは単色ではあるが、決して単一色面を感じさせることはない彼の作品は韓国単色画(ダンセッファ)で国際的に評価された。

近年、国際的に韓国抽象絵画が関心を集めており、日本国内でも彼の作品は高く注目されている。

鄭 相和/Chung Sang Hwa
鄭 相和/Chung Sang Hwa
鄭 相和/Chung Sang Hwa
鄭 相和/Chung Sang Hwa

作品名:UNTITLED

サイズ:40×30cm(1988年 シルクスクリーン ed.100)

価格:400,000円

このCollectionに問い合わせる

    お名前*
    メールアドレス*
    お問い合わせ内容*

    日本語でのみお問い合わせいただけます

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    copyright © 新古美術なかお