読込中

木下 佳通代/Kinoshita Kazuyo

木下佳通代は兵庫県神戸市に生まれ、神戸を拠点に活動した作家である。生前、「存在に対するメッセージを送るのではなく、存在そのものを創り出す」と語っている。究極的に目指していたのは「空間の緊張感」に支えられた「言葉を越えて存在を感じさせる表現」だ。

1966年に初めての個展を開き、1965年〜68年まで神戸で河口龍夫を中心としたグループ「位」で活動していた。1980年前後に写真からパステルを経て、油絵へと表現手段を変える。一見、無表情で荒々しいが近くでよく目を凝らしてみると、力強く感じる筆圧のその途切れる先でも生命力を感じることができる作品ばかりだ。

木下 佳通代/Kinoshita Kazuyo

木下 佳通代/Kinoshita Kazuyo

木下 佳通代/Kinoshita Kazuyo

木下 佳通代/Kinoshita Kazuyo

作品名:83-CA87

サイズ:60×42cm(1983年 キャンバスに油彩)

価格:300,000円

このCollectionに問い合わせる

    お名前*
    メールアドレス*
    お問い合わせ内容*

    日本語でのみお問い合わせいただけます

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    copyright © 新古美術なかお