読込中

篠田 桃紅/Shinoda Toko

篠田は中国、大連の生まれ。5歳の時に父の手ほどきで初めて墨と筆に触れる。以後、独学で書を極めていく。

第二次世界大戦後、文字を解体し、墨で抽象を描き始める。1956に年渡米し、ニューヨークを拠点にボストン、シカゴ、パリ、シンシナティ他で個展を開催。1958年に帰国してからは、壁画や壁書、レリーフといった建築に関わったり、増上寺大本堂の襖絵などの大作を制作したりする一方で、リトグラフや装丁、題字、随筆を手掛けるなど、活動内容は多岐にわたる。

2005年、ニューズウィーク(日本版)の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれ、晩年まで精力的な活動を続けた。彼女の研ぎ澄まされた感性や、凛とした生き方は、多くの人々を魅了したのである。

篠田 桃紅/Shinoda Toko

篠田 桃紅/Shinoda Toko

篠田 桃紅/Shinoda Toko

篠田 桃紅/Shinoda Toko

作品名:ALLEGORY

サイズ:57×42cm(リトグラフに手彩色)

価格:ASK

このCollectionに問い合わせる

    お名前*
    メールアドレス*
    お問い合わせ内容*

    日本語でのみお問い合わせいただけます

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    copyright © 新古美術なかお