読込中

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

黒田泰蔵は陶芸家である。人間国宝の島岡達三に師事し、その後カナダに渡り、陶芸家ゲータン・ボーダン氏の元で陶器作りを始める。帰国後、島岡の元で再び勉強し、1975年にカナダの製陶会社SIALでデザイナーに抜擢される。1992年に初めて白磁の作品を発表した。ここから生涯をかけて、白磁の作品のみ創作していくようになる。

非常に薄く緊張感のある輪郭線をもった唯一無二の世界観で、国際的に高い評価を得ている。

白磁とは、抽象的の強い世界で言語化できない言葉を形で表す事だ。例えば、「イエス」と「ノー」の間の言葉。それを僕は焼き物で表現している、と黒田は語り、究極の白磁の美を追求し続けた。

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

黒田 泰蔵/Kuroda Taizo

作品名:白磁花入

サイズ:H21cm×D18cm

価格:ASK

このCollectionに問い合わせる

    お名前*
    メールアドレス*
    お問い合わせ内容*

    日本語でのみお問い合わせいただけます

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    copyright © 新古美術なかお