読込中

エミール・ガレ/Emile Galle

エミール・ガレは、19世紀後半のアール・ヌーヴォーを代表するフランスの工芸家である。ガラス工芸をはじめ、陶器や家具など幅広い分野の工芸作品を生み出し、今なお国際的に高い評価を得ている。

父であるチャールズ・ガレの仕事柄、幼い頃から工芸に親しんでいた。パリ万博への出品がきっかけとなり、世界から注目を浴びるようになる。ガレはガラス工芸5千年の歴史の中でも最高傑作と言われるものを沢山生み出している。

象徴主義的で幻想的なガラス作品を作りつつ、一方では実用向きの食器類も作っていた。1870〜80年代のものは、透明ガラスにエナメル彩色を施したものが多かったが、1900年代には本作品のようにガレの高い技術性を示すものが作られるようになる。

エミール・ガレ/Emile Galle

エミール・ガレ/Emile Galle

エミール・ガレ/Emile Galle

エミール・ガレ/Emile Galle

エミール・ガレ/Emile Galle

エミール・ガレ/Emile Galle

作品名:エールグラス

サイズ:H18.1cm×D6cm(1900~1903年頃)

価格:600,000円

このCollectionに問い合わせる

Inquiry about this collection

    お名前*Name
    メールアドレス*Mail Address
    お問い合わせ内容*Message

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    Nakao Fine Art

    1F River Rise Minami Horie,
    4-24-14, Minami Horie
    Nishi-ku, Osaka
    550-0015 Japan

    Tel: +81 (0)6 6543 0181
    Monday-Friday: 12pm - 5pm

    copyright © 新古美術なかお