読込中

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山陽は、黒陶による極めて独創的な造形表現で作品を展開してきた作家である。造形理念の基盤を築いた、陶芸家グループ「走泥社」の八木一夫に師事する。

土の表面をガスバーナーで炙ると生じる亀裂の発見から、土の現象と造形思考を融合させた。1993年頃より高温度焼成と鉄粉による酸化作用を制作手法に取り入れ、内部と外部、生成と崩壊、人工と自然、重量と反重力、連続と分断、求心性と遠心性、それらの関係性を意識して作品を創り上げ、土を超えた存在を創り出す。

黒褐色をした彫刻のような造形の作品は、黒陶もしくは本焼き焼成後に鉄粉を施す手法でつくられており、それらは作風ごとにシリーズ化されている。一貫しているのは、質感や量感の表現に土の物質性を感じさせることと、壮大なスケール感である。土に潜む「破壊」と「生成」、「力」を感じさせる造形は、アメリカやベルギーで個展が開催されるなど、海外でも高い評価を受けている。

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山 陽/Akiyama Yo

秋山 陽/Akiyama Yo

作品名:UNTITLED W-965

サイズ:H10cm×38cm×29cm

価格:ASK

このCollectionに問い合わせる

Inquiry about this collection

    お名前*Name
    メールアドレス*Mail Address
    お問い合わせ内容*Message

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    Nakao Fine Art

    1F River Rise Minami Horie,
    4-24-14, Minami Horie
    Nishi-ku, Osaka
    550-0015 Japan

    Tel: +81 (0)6 6543 0181
    Monday-Friday: 12pm - 5pm

    copyright © 新古美術なかお