読込中

アンス・アルトゥング/Hans Hartung

アンス・アルトゥングはドイツに生まれ、フランスで活躍した抽象画家です。アンフォルメルを代表する作家の一人として位置づけられ、同時代における日本の芸術家たちにも刺激を与えました。

アルトゥングは、線や絵具のしみそのものが鑑賞者に訴えかける力を持つ可能性に早くから気づき、十代の頃には抽象的な水彩画やデッサンを手がけていました。ライプツィヒ大学で哲学と美術史を学んだのち、ドレスデンの美術学校に通い、1930年代に入ると独自の作風を確立させていきます。1932年にパリへ移住し、第二次世界大戦が勃発した際には、外国人部隊で祖国であるドイツ軍と戦いました。戦後の1946年にフランス国籍を取得して画業に復帰すると、流動的な線を主体とした抽象絵画で注目を集めていきます。1950年代の作品を特徴づけるのは、黒いインクを素早く紙の上に走らせるスタイルです。筆線のかすれやしぶきは日本の書を思わせ、大胆で激しい印象をもたらします。一方、あくまでも静謐で抑制された画風には、試作やデッサンを経て練り上げられた構成を忠実に再現する緊張感があふれています。

ところが、アルトゥングのこうした制作方法は、1960年に転換期を迎えます。それまでのように下準備の段階を設けず、巨大なキャンバスに直接、躍動の瞬間や軌跡を刻みつけるようになるのです。使用される道具も、刷毛やローラー、木の枝、スプレーなど多岐にわたり、より自由で規模の大きい作品が生み出されました。最晩年に制作された作品では、アルトゥングが追求し続けた抽象表現の神髄を味わうことができるでしょう。

Hans Hartung was born in Germany and achieved success as an abstract painter in France. He was recognized as one of the leading artists of Art Informal and had a significant influence on Japanese artists of his time.

Hartung realized early on the potential of lines and paint stains to appeal directly to the viewer, and in his teenage years, he began working on abstract watercolor paintings and drawings. After studying philosophy and art history at Leipzig University, he attended the Fine Arts academy of Dresden and developed his own unique style in the 1930s. He moved to Paris in 1932. When World War II broke out, he fought against the German army as part of a foreign unit. After acquiring French citizenship in 1946 after the war and returning to his artistic career, he gained attention for his abstract paintings dominated by fluid lines. The characteristic of his works in the 1950s was the use of quick brushstrokes of black ink on paper. The blurred brushstrokes and splatters evoke the spirit of Japanese calligraphy, creating a bold and intense impression. On the other hand, his calm and restrained artistic style exudes a sense of tension that faithfully reproduces the meticulously crafted compositions developed through experimentations and rough sketches.

However, Hartung’s artistic process underwent a transformation in 1960. He no longer followed the preparatory stages and instead directly marked the moments of dynamism and traces on huge canvases. He used a variety of tools, including brushes, rollers, wooden sticks and spray to create more liberated and large-scale artworks. In his final years, the works he created allow us to savor the essence of abstract expression that Hartung relentlessly pursued.

Hans Hartung

Hans Hartung

Hans Hartung

Hans Hartung

作品名:Sans title, 1972

サイズ:50cm×73cm

価格:ASK

参考文献リスト

このCollectionに問い合わせる

Inquiry about this collection

    お名前*Name

    メールアドレス*Mail Address

    お問い合わせ内容*Message

    新古美術なかお

    550-0015
    大阪市西区南堀江4-24-14
    リバーライズ南堀江1階

    06-6543-0181
    (月曜日から金曜日/12時〜17時)

    Nakao Fine Art

    1F River Rise Minami Horie,
    4-24-14, Minami Horie
    Nishi-ku, Osaka
    550-0015 Japan

    Tel: +81 (0)6 6543 0181
    Monday-Friday: 12pm - 5pm

    copyright © 新古美術なかお